息子、高校2年生、定期試験の総合結果が却ってきました。


点数、平均点、順位はどうかしら...

テストはすでに返却されているので点数は

わかっていたんだけどね。
re高校

今回はまずまずの結果だったよう(^^♪

化学が恐ろしく悪かったけど(-_-;)


高校生にもなるとテスト結果とか

親に出さない子も多いのかな(。´・ω・)?

息子は今でも律儀にあたしに出してきて

わいわい盛り上がります。


点数がよかった時の顔はあの頃から

変っていないな~。
re小学校

小1の最初のテスト、さんすう100点だったね

100点をあたしに見せたくて

きれいに折りたたんで学校から持って

帰ってきた時のあの嬉しそうな顔。

キラキラ光ってた。


「簡単だったんだよねー」


って、ちょっと鼻を上に向けて

言ってたね(*^_^*)

めちゃくちゃ褒めてあげたなー。


今も昔もやってることは同じ。

良くても悪くても褒める!


悪すぎて褒めどころがないとき、

本当に困っちゃうんだけど、

今回は化学(-_-;)、言葉を失った・・・。


小学生ぐらいだと勉強のやり方など、

アドバイスは効果があるけど

さすがに高校生の勉強に口出しはできず

せいぜい
「もっとちゃんとやりな」

って。

息子の地雷を踏んじゃうセリフを

言っちゃったり。


「そんな事わかってるよ!」

ってなことに。


なので、
「次がある!」

ってだけ、言ってます。

それに対して息子はたいがい

「今回はさ~あれこれあれこれ」って

敗因今後の対策を言ってくるんですよね。

国語や英語に関してはあたしも自分の知識

フル回転で相槌をうっているんだけど、

物理、化学や数学に関しては、

なんのこっちゃ(´゚д゚`)

さっぱりなんです。

相槌をうっててもわかってないのが

バレバレだなーって思っていたところ、

ちょっと面白い本を見つけてしまった!

表紙
reテキスト240

裏表紙
reテキスト240 (1)

この本、東大のエライ先生が書いた

高校生数学とは

なんぞや。

『最速最短で数学がやりなおせる本』なのです。


めちゃくちゃ簡単に高校数学の大枠が理解

出来てプラス理系コース向けのベクトルや

微分積分までふれているんです。


もちろん、
この本で試験の問題が解けるレベルには

あたしは無理だけどね(^^;


例えばね、植物の世界で例えると

息子が杉の木の説明を始めたとしたら

あたしの頭の中には杉の木の絵が浮かび

息子が伐採の話をしているのか植樹の話を

しているのかが理解できる感じです。


もともと高校数学なんて意味わからないし、

必要とも思ってなかったあたしなんですが、

知らないことを知るってちょっと楽しいです。


高校生の息子がいる今が丁度タイミングが

よかったみたい。

因みに中学校版もでています(^。^)


もし興味があれば「かんき出版」から

発売されていますので一読してみて下さい。


では、
とまと今日のお料理pint

息子のお弁当です。
re甘辛

インゲンと人参をしゃぶしゃぶ用の薄い
豚肉で巻いて甘辛に味付けしました。
お肉が薄いのですぐに火が通って
時間がかからず出来上がります。

詳しいレシピは後日投稿します。
(ごめんなさい。)

re最後までお読みいただき




絵日記ランキング
にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村